top of page
main_take2.jpg

好印象手に入れる

ファッションスタイル戦略

TM

ICBI骨格診断資格取得コース講師
一般社団法人ICBI骨格診断アナリスト協会 上級認定アナリスト

Main1.jpg

似合う服を選べるようになる3ステップ。

コーディネートと着回しについて。

活動状況や監修実績のご紹介。

抑えるべき4イント

従来、洋服選びの主な基準はブランド・センス・金額・機能性(暖かい・体型をカバーする等)で、似合う服を選べるかはセンスに左右されていました。
F★STANDARD流ファッションスタイル戦略はセンスを4つに分解。骨格診断・パーソナルカラー診断を使いながら、イメージアップを図ります。

美しい

シルエット

骨格と洋服の相性

​素敵な

カラーリング

自分と調和する色

自然な

コーディネート

全体のバランス

着回し

アイディア

賢く経済的に

植物鏡の反射

美しいシルエット・素敵なカラーリング

骨格診断・パーソナルカラー診断によるカウンセリングで見つけます。

骨格診断は、身体の質感やラインの特徴から、自分自身の体型をもっとも綺麗に見せてくれるファッションアイテムを導き出すメソッドで、株式会社アイシービーの代表を務める二神弓子氏が「骨格構造によるファッションコーディネート理論」を元に確立しました。

メソッドでは骨格構造を3つに分類。それぞれで、似合う洋服の「形・デザイン・素材感・サイズ感」と「コーディネート方法」が違います。

年齢によって診断結果が変わることはなく、女性だけでなく男性にも適用できます。


当社の診断は、骨格診断開発者の二神氏が提唱する骨格タイプ3分類です。

また、お持ちの衣服の診断に対応しておりますので、ご希望の場合は当日お持ちください。

※説明資料と診断カード(以下)をご用意しております。

パーソナルカラー診断は、髪・肌・瞳の色から、上品であか抜けた印象や若々しく健康的に見せる「自分の調和色(似合う色)」を知るメソッドで、1920年代の色彩の芸術理論が元になっています。
調和色は4つのグループで構成され季節の名称で表現されます。なお、​スプリング、オータムが黄色を含んだ色味である事からイエローベース(イエベ)。サマー、ウィンターが、青を含んだ色味である事からブルーベース(ブルべ)と分類されています。

なお、イエベだから青が似合わないという事でなく似合うトーンの青があります。ブルベも同様に似合うトーンの黄があります。骨格診断同様、年齢によって変わることはありません。

似合う色を見分ける事は、慣れないうちは難しいため、当社の診断ではお持ち帰りいただけるカラーチップ(色見本)をご用意しております。

メイクカラーの診断に対応しておりますので、ご希望の場合は当日お持ちください。